熱処理事業部
熱処理事業部 TEL 052-622-9445  FAX 052-622-9452 主担当:樋田

技術情報 熱処理相談室

良い製品を早く、安く

   見た目にも美しい真空焼入れを夕方8時に受け入れて翌朝9時に!(納期は週間予定表に準じます)

   トラブルで仕上がりが遅れることもございますのでぜひメールでお知らせを登録してください


真空焼入れご依頼の前にご一読ください                      別ウインドウで開く
熱処理加工品お預かり時のお願い
1−1 製品の黒カワ、黒染め、めっき、塗装等「洗浄」で除去できない付着物は真空炉の故障につながることがありますので熱処理をお断りすることがあります。剥離の上お持込ください
1−2 受付時間終了間際の大物および数量の多いお持込の場合は、翌日扱いになる場合がありますのであらかじめご承知願います。
 歪み取りについて
2−1 原則、歪み取りはお客様のご依頼に基づいて行いますが、お客様に短納期、高精度の製品加工を提供するため、歪み取り作業による弊害がないと判断した場合に限り、弊社社員が独自に判断して行うことがあります。
2−2 歪み取り加工は割れや折れ、あるいは膨張ならびに収縮が発生することがありますが、歪み取り加工による補償はいたしかねますのでご了解の上、お申し込みください。
2−3 歪み取り加工によりお客様指定の熱処理が出来ないことがあります。係員によく相談の上ご依頼ください。
一般保証規定
3−1 弊社の真空焼入れ加工については一般的に弊社の標準熱処理工程を経たものとして、その工程(真空焼入れ温度時間記録ならびに冷媒、焼き戻し温度ならびに時間)を保証します。
3−2 個別製品の保証についてはお客様ご依頼により発行した検査票記載内容にて保証 します。
3−3 検査票記載事項であっても、製品の質量、肉厚、また鋼種により測定部位による硬度のばらつきがあります。必要な測定部位の指示なき場合は測定箇所における保証に限定します。
3−4 焼き割れは弊社の熱処理工程および取り扱いに起因する場合以外は補償の対象外とします。
3−5 弊社熱処理工程以外の加熱を伴う加工を経た製品については保証対象外とします。

勝手ながら熱処理のご依頼は以上の規定をご理解いただいたうえでお申し込みいただいたものとさせていただきます。


週間予定表                        材質別標準熱処理条件一覧   別ウィンドウで開く
    

  ◎翌朝9時仕上り ○翌々日朝渡し *には数値を代入してください

鋼種 工程 代表的な鋼材名
冷間ダイス鋼
ステンレス鋼
焼入低温戻し 休業 SKD11/SUS420/SUS440C
焼入高温戻し2回 休業 DC53/KD11S/QCM8
SLD8/HPM31/ARK1
熱間ダイス鋼 焼入高温戻し2回 休業 SKD61/DH31・33/2FG
YDC/SHD/MDC/DBC
油冷鋼 焼入低温戻し 休業 SK*/SUJ*/YG4/YK30
SUP*/S**C/SCM***
SNCM***
焼入高温戻し 休業
高速度(ハイス)鋼 焼入高温戻し         休業 SKH**/HAP/YXR*/
ASP**/DEX/QHZ
サブゼロ処理を含むもの 焼入サブゼロ低温戻       休業 SKD11/SKS3/SK*など
炭素量0.6%以上の鋼
焼入サブゼロ高温2回       休業
超サブゼロ・超々サブセロ処理を含むもの 焼入サブゼロ高温2回+安定化処理         休業 SKD11/S-MAGIC
SKH
焼きなまし 850℃からの徐冷           休業 以上全鋼種+フェライト系SUS
1030℃からの急冷   休業 SUS304などオーステナイト系SUS

特急などには柔軟に対応しますのでご相談ください。
〆切は月〜金:午後8時 日:正午(12時) 土は焼きなましのみ(正午)になります。
基本的な処理日程です。特殊品(50kg以上の品・総量150kgを超える場合・長尺物・薄長板物)については別途ご相談ください。
塗料・クロカワなど付着物は近隣の処理物に影響を与えることがあるのでお断りする場合がありますので予め除去願います。
ダイス鋼の調質・HRC35以下の調質など特殊処理になる場合があります。別途ご相談ください。

このページのトップへ

夏季(7月1日〜9月30日)週間予定表      材質別標準熱処理条件一覧   別ウィンドウで開く    

  ◎翌朝9時仕上り ○翌々日朝渡し *には数値を代入してください ハイスは材質により納期が変動します

鋼種

工程

代表的な鋼材名

冷間ダイス鋼
ステンレス鋼

焼入低温戻し

SKD11/SUS420/SUS440C

焼入高温戻し2回

DC53/KD11S/QCM8
SLD8/HPM31/ARK1

熱間ダイス鋼

焼入高温戻し2回

SKD61/DH31・33/2FG
YDC/SHD/MDC/DBC

油冷鋼

焼入低温戻し

SK*/SUJ*/YG4/YK30
SUP*/S**C/SCM***
SNCM***

焼入高温戻し

高速度(ハイス)鋼

焼入高温戻し3回

 

 

 

 

 

SKH51/YXRは翌日夕
その他ASP**/DEX/QHZ翌々日朝

サブゼロ処理を含むもの

焼入サブゼロ低温戻

SKD11/SKS3/SK*など
炭素量0.6%以上の鋼

焼入サブゼロ高温2回

焼きなまし

850℃からの徐冷

 

 

 

 

 

 

以上全鋼種+フェライト系SUS

1030℃からの急冷

 

 

 

SUS304などオーステナイト系SUS

〆切は月〜金:午後8時 土・日:午後6時になりますが焼きなましは土曜日正午になるのでご注意ください。
基本的な処理日程です。特殊品(50kg以上の品・総量150kgを超える場合・長尺物・薄長板物)については別途ご相談ください。
塗料・クロカワなど付着物は近隣の処理物に影響を与えることがあるのでお断りする場合がありますので予め除去願います。
ダイス鋼の調質・HRC35以下の調質など特殊処理になる場合があります。別途ご相談ください。

このページのトップへ

ゴールデンウィーク期間中の営業案内

  真空焼入 真空なまし レーザー
カット
ワイヤ
カット
営業
集配
空冷鋼 ハイス 油冷鋼 サブゼロ  
硬度指定 一般硬度 高温もどし 全硬度 一般硬度 硬度指定/調質    
代表的な鋼種 SKD11/SUS SKD61/DC53 SKH/YXR SK/SKS/S45C/SCM   全鋼種
4月 27日 (水)     最終(翌々日)         通常 通常 通常
28日 (木)      |         通常 通常 通常
29日 (金)  最終(翌日)  最終(翌日)  ↓ 最終(翌日)  最終(翌日)  最終(翌日)  最終(翌日)  通常 通常 通常
30日 (土)  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓ 休業 休業 休業
5月     この間の引き取りは随時可。ご依頼は5月6日の扱いになります  休業 休業 休業
5日 (木)  <>             休業 休業 休業
6日 (金) 初回(翌日) 初回(翌日)   初回(翌日) 初回(翌日) 初回(翌日)   通常 通常 通常
7日 (土)  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓ 初回(翌日) 休業 休業 休業
8日 (日)     初回(翌日)        ↓ 休業 休業 休業
9日 (月)      ↓         通常 通常 通常
  最終  休業後初回     ・真空焼き入れの最終受付は4月29日(金)午後8:00締切
サブゼロ処理  4月29日(金)  5月6日(金)     休み明け初回処理締切は5月6(金)正午です。
ハイス  4月27日(水)  5月8日(水) ・レ−ザ−加工ならびにワイヤカット加工の納期は都度ご相談ください。
真空なまし  4月29日(金)
 5月7日(土) ・浸炭焼入れ・ソルト焼入れ・高周波焼入れなどの各種焼入れは都度ご相談ください

単価表(目安)

処理工程(冷間工具鋼SKD11など) 一個当たり重量単価(2.1kg以上)
高温戻しのみ 300/個・kg
真空焼入れ→低温焼き戻し 550/個・kg
真空焼入れ→サブゼロ処理(−80℃)→低温焼き戻し 850/個・kg
真空焼入れ→高温焼き戻し 550/個・kg
真空焼入れ→サブゼロ処理(−80℃)→高温焼き戻し 1000/個・kg
真空焼入れ→サブゼロ処理(−80℃)→高温焼き戻し→安定化処理 1300/個・kg
真空焼入れ→超サブゼロ処理(−140℃)→高温焼き戻し→安定化処理 30000+1500/個・kg
個数が多い場合、重量が20Kg以上の場合は個別お見積もりいたします
形状が特殊または重量比で大きく容積を占める場合は別途お見積もりいたします

処理工程(ハイスSKH51など) 一個当たり重量単価(2.1kg以上)
高温戻しのみ 300/個・kg
真空焼入れ→高温焼き戻し 1000/個・kg
真空焼入れ→サブゼロ処理(−80℃)→高温焼き戻し 1300/個・kg
真空焼入れ→超サブゼロ処理(−140℃)→高温焼き戻し 30000+2000/個・kg
個数が多い場合、重量が5Kg以上の場合は個別お見積もりいたします
形状が特殊または重量比で大きく容積を占める場合は別途お見積もりいたします

年末年始の営業案内   

  真空焼入 真空なまし レー
ザー
カット
ワイ
ヤー
カット
営業集配
空冷鋼 ハイス 油冷鋼  
硬度指定 一般硬度 高温もどし 全硬度 一般硬度 硬度指定/調質  
代表的な鋼種 SKD11/SUS SKD61/DC53 SKH/YXR SK/SKS/S45C/SCM 全鋼種
12月 23日 (水)     最終(翌々日)            
  24日 (木)                
  25日 (金) 最終(翌日) 最終(翌々日) 最終(翌日) 最終(翌日) 最終(翌日)      
  26日 (土) ↓  ↓    ↓  ↓    休業 休業 休業
           この間の引き取りは随時可。ご依頼は【1/5(火)】の扱いになります。
1月 5日 (火) 初回(翌日) 初回(翌々日)   初回(翌日) 初回(翌日)   休業 休業 休業
   6日 (水) ↓   初回(翌々日) ↓    始業  始業  始業 
  7日 (木)     ↓             
最終  休業後初回 真空焼き入れの最終受付は12月25日(金)午後8:00締切。
休み明け初回処理締切は1月5(火)正午です。
サブゼロ処理 12月23日(水)  1月6日(水)
ハイス 12月23日(水)  1月6日(水) レ−ザ−加工ならびにワイヤカット加工の納期は都度ご相談ください。
浸炭焼入れ・ソルト焼入れ・高周波焼入れなどの各種焼入れは都度ご相談ください
真空なまし 12月25日(金)  1月9日(土)

設備紹介

  検査設備

硬度計 名称・形式 機械番号 製造業者 製造年月日
ロックウェル AR−10 10080 竃セ石製作所 1984年7月
ロックウェル ARK−B 61085 1979年12月
ロックウェル ARK−B 20126 1973年11月
ショア D 14559 樺井精機製作所 1975年3月
ショア D 2620 牛。井精機 1981年4月

このページのトップへ

  生産設備

機種名 製造元 形式 有効加熱帯
巾x高x長
挿入重量 使用温度 制御方式 加熱出力
kw
冷却方式 冷却モータ
ー容量
炉内容積
m3
拡散
ポンプ
H2配管 備考 導入時期
横型真空炉 IHI RQ-60/60/100 600X600X1000 600kg 540-1280
max1320
サイリスタ
R熱電対
 135 窒素ガス 45kwx2p 7.4 × 減圧80kPa
加圧130kPa〜260kPa

冷却方向上下切替
H22/11
NVFC-800PT 800X800X1300 800kg 540-1280
max1300
サイリスタ
R熱電対
 225 窒素ガス
45kwx4p 9.1 減圧80kPa
加圧130kPa〜200kPa
H18/8
VQC-200T 400X400X650 200kg 150-1280
max1300
サイリスタ
R熱電対
 75 窒素ガス
30kwx2p 3.8 × 加圧130kPa〜200kPa減圧80kPa
冷却方向上下切替
加圧雰囲気中対流加熱
H25/8
NVFC-60PT 300X200x380 60kg 540-1280
max1300
サイリスタ
R熱電対
  40 窒素ガス 11kwx2p 1.4 × 減圧80kPa
加圧150kPa
S56/11
RVFCQ-424T 490x400x800 270kg 540-1280
max1300
サイリスタ
R熱電対
 105 窒素ガス
/油
22kwx2p 加熱5.0
油冷4..3
× 減圧80kPa(ガス)
油量3800L
H8/11
RVFCQ-424T 490x400x800 270kg 540-1280
max1300
サイリスタ
R熱電対
 105 窒素ガス
/油
22kwx2p 加熱5.0
油冷4.3
× × 減圧80kPa(ガス)
油量3800L
H19/10
横型電気炉 日新化熱   600X500X900 400kg 0〜600 オンオフ
K熱電対
 
サーマル RH-5 400X400X600 80kg 0〜600 オンオフ
K熱電対
サーマル RBM-V 400X320X600 80kg 0〜600 オンオフ
K熱電対
新豊科学
器械
  500X600X600 80kg 0〜600 オンオフ
K熱電対
炉設エンジ
ニアリング
  600X500X1050 400kg 0〜600 オンオフ
K熱電対
油焼戻し炉 日新化熱   1200X750X750   150〜200 オンオフ
K熱電対
日新化熱   1200X750X750    150〜200 オンオフ
K熱電対
トリクレン洗浄槽     1200X700X400 200kg 0〜100 オンオフ
抵抗温度計
超サブゼロ装置 太陽日酸 CMS-343RS 700x700x700 200kg 50〜-150 オンオフ
測温抵抗体
窒素ガス冷却 攪拌ファン  R2/6
超々サブゼロ容器 φ90×270 -196℃

このページのトップへ

社員資格情報
資格 氏名 取得年度 番号等 職級
一般熱処理一級技能士 浅野美代志 平成5年 第4号 マイスター
浅野 豊志 平成11年 第17号  
樋田 泰三 平成22年 10-1-005-23-0055号 主任
宮川 頼由基 平成23年 11-1-005-23-0071号  
渡具知 健二 平成26年 14-2-005-23-0119号  

このページのトップへ