ワイヤカット事業部 直通TEL 052-622-9900
FAX 052-880-9446
 担当:倉知

油仕様超精密ワイヤ放電加工機 西部電機M25LP導入決定!(12月より試運転開始
   細線仕様φ0.05mm可能(標準φ0.2mm使用)


    油中加工で拡がる可能性(特に超硬加工) 


常困難な部品加工の提案事例

スリットノズル (スリット幅0.24mm)
  拡大画像1   さらに拡大画像2   嵌め合い画像3 元の画像
上の文字をクリックすると、絵が変わります

技術資料

良い製品は良い環境から

 良い製品、喜ばれる製品を作りたい。そう願った私たちは、まず、作業環境つくりから発想しました。理想の環境‥それは洞窟での加工作業である。この結論に沿って私たちのワイヤ放電加工工場は外光を遮断し、夏の日中でもほの暗い室内。年中22℃〜25℃に保たれた穏やかな空間をフィルターを通した空気が循環する私たちの理想の環境です。

重要なことはコア技術の集積

 よりよい製品,精密な製品に挑戦したいと思っても,誰もが挑戦できる機会を与えられるわけではありません。しかしながらそのチャンスは突然訪れるものです。そんなとき、必要になるのが長年の技術の集積に他なりません。
 アイテック鰍ヘ、最新鋭の設備と30年以上に及ぶワイヤー放電加工専業者としての加工における問題解決の豊富な経験とアイディアで積み上げてきたコア技術により,お客様の挑戦を支援します。

精密から超精密

 いわゆる浸漬方式の加工機を集中的に取り揃え、長時間の加工による温度歪みを最小限に抑えた加工を実現します。 アイテックのワイヤ放電加工を加えることでお客様の製品に超精密加工の付加価値をつけることが可能になります。

初めに工法を徹底的に検討し、提案します

後加工ゼロこそが精密加工の本道

 私たちはただ精密に切ればよい(後加工のことはわかりません)‥‥そんな考え方はしていません。 たとえば焼入れをするならば焼入れしてから加工するのか。加工してから焼入れするのか。加工時に出る製品 の応力歪みを最小にするためにば焼き戻し温度はどれだけにするのか。ワイヤ放電加工時に出る焼 入れ歪みを 最小にするために(焼入れ)前加工にどのような加工をしたらよいのかという提案。 無駄な後加工(研磨など)を避けるためしばしばお客様に提案し、その多くがお客様に納得いただき、ワイヤ放電加工完成後直ちに製品になる。私たちの加工品は大半がそんな製品であり、今後もそのような 加工を目指していきます。

コストにも気を配って

ワイヤ放電加工製品のコストは大きく分けて3種類に分類できます。
1)段取り    3つのムダを省きます
ワイヤ放電加工の段取り時間の無駄と製品端材を省くため、私たちは各種のバイスならびにSystem-3R治具群をとり揃え、通常治具を製作してからの加工においてもほとんどのケースで所有の治具にて対応し、 材料のムダ段取り時間のムダ治具製作のムダを省いています。

2)加工時間  最適な段取りで高速加工を実現!納期とコストに寄与します       
ワイヤ放電加工機の最適な段取りによって最適な加工条件を選択することが可能になり、(ワイヤ断線などによって)現実にはなかなかメーカー推奨そのままでは出来ない高速加工が可能になり、最短の加工時間最良の加工面が得られています。   

3)後加工   (仕上げ研磨、プロファイル研磨など)ワイヤ放電加工機によるヘソなし加工もお任せ!
私たちが推奨している仕上げ加工(4〜7回加工)により、プロファイル研磨に引けを取らない (Rz3.0μm程度。技術資料参照)加工面が得られるため、ほとんどの製品ではそのまま使用され、 また、ラップ仕上げをする場合においても「大変楽になった」という、多くのお客様の喜びの声が届いています。 また得意とする通常目視では判別困難なヘソなし加工によってヘソ取り作業も省きます。

ワイヤ放電加工機一覧

メーカー 機種 台数 最大工作物寸法/重量 各軸ストローク 最大テーパ角 仕様 特別仕様
ファナック ロボカットα−0iB 2 650×450×200/500kg 320×220×210 ±30度/80mm 浸漬  
ロボカットα−0iC 1 650×450×200/500kg 320×220×210 MF電源(仕上げ加工用)
ロボカットα−1iC 1 820×730×300/1000kg 550×370×310  
ロボカットα−1iD 1 1050×820×310/1000kg 600×400×310 ±30度/150mm  
西部電機 M500S
1 800×650×300/800kg 500×350×310 ±10度/300mm
MM500S 1 全周加工ピッチ保証のハイエンド機
SuperMM50A 1 MM500Sの2倍の精度。
全周位置決め精度1μ
細線仕様0.05φ可
SuperMM35A 1 600×550×220/350kg 350×250×230 ±10度/220mm
M25LP 1 270x270x100/150kg 250x250x200 ±10度/100mm 油中加工 細線仕様0.05φ可
全周加工ピッチ保証のハイエンド機

※実績最大テーパ加工角度:45度/25mm

細孔放電加工機 (穴あけ加工のみも承ります)

メーカー 機種 台数 最大加工物質量各軸ストローク
X/Y/Z/W
電極装着可能径
ソディック K1C 1 200X300X300/250 Φ0.25〜Φ3.0

※標準電極としてパイプ径φ0.3/φ0.5/φ0.8/φ1.5/φ3.0の銅製パイプ電極を準備しております

TOPページへ

製品の保証

光学式の3次元測定機を初めとし、ブロックゲージ、ピンゲージを取り揃え、あらゆる検査に対応する準備が整っています。 測定のみも承ります
光学式三次元測定機  
◎米国OGP社製 SMARTSCOPE ZIP250 タッチプローブ付 検査成績書
  ・測定範囲 300x150x200
  ・デジタル最小表示 0.0001mm
  ・最大積載重量 25Kg

◎KEYENCE LM1000/LM−1100
  ・測定範囲 225x125x70
  ・測定制度 視野内 0.7μm ステージ域内 ±2.8μm



表面粗さ測定機     Mitutoyo サーフテスト SJ−301

その他

   デジタルマイクロメータ・デジタルノギス・ピンゲージ群
   SYSTEM 3R社製治具群

TOPページへ

協力体制

  急なご依頼に対応するために弊社では以下の会社との相互提携を致しております。
          サンメンテナンス工機
               〒458-0025 名古屋市緑区鳥澄2丁目103番地
                TEL:052-624-8481   FAX:052-624-8509