ワイヤカット技術資料

ワイヤカット技術資料

面粗度比較 / 面租度の統計データ / 仕上げ回数とマイクロピーニングとの関係 / ワイヤカットQ&Aサイト

作品例     
上面   下面
スリット幅は0.6mm   テーパーになっています(写真クリックで拡大)

面粗度比較 ×200 加工機:FANUC ROBOCUT αー0iC 2007/6/10加工

工程 表面画像 断面画像 工程 表面画像 断面画像
1st 3rd
データ Ra= 2.46μm
Rz= 15.89μm
Ra=1.05μm
Rz=6.87μm
2nd 4th
データ Ra=2.40μm
Rz=15.24μm
Ra=0.42μm
Rz=3.15μm

ページTOPへ

工程   工程   工程   工程  
1st 2nd 3rd 4th
データ Ra=2.63μm
Rz=16.38μm
  Ra=2.74μm
Rz=15.58μm
  Ra=1.99μm
Rz=11.97μm
  Ra=0.36μm
Rz=2.91μm
5th 6th 7th 加工機:seibu MM500S
素材:SKD11 T=50mm
加工日:2008/9/8
倍率:X500
データ Ra=0.36μm
Rz=2.36μm
  Ra=0.37μm
Rz=2.62μm
  Ra=0.38μm
Rz=2.75μm

※面租度は4thと7thで差異はありませんが「うねり」が取れていることが下段グラフに見てとれます

ページTOPへ

N増しした時の面租度の統計データ

材質 SKD11焼入れ済み
板厚 8.5mm 測定者 浅野
測定日  2009/3/11 測定器 Mitutoyo サーフテスト SJ−301
加工装置 Seibu M500S 加工者 岩月
    Rz(μm)
サンプルNo. 1st 2nd 3rd 4th
1 16.62 15.41 11.53 4.02
2 16.02 16.34 12.23 3.22
3 15.56 16.23 10.78 3.37
4 15.90 15.04 11.03 3.88
5 15.06 14.50 12.63 3.29
6 15.45 15.71 11.83 3.60
7 16.46 18.01 12.31 3.37
8 17.68 15.42 11.79 3.68
9 16.19 15.80 11.87 3.78
10 15.99 15.35 11.99 3.54
11 17.81 15.94 11.65 4.17
平均 16.25 15.80 11.79 3.63
最大 17.81 18.01 12.63 4.17
最小 15.06 14.50 10.78 3.22
標準偏差 0.86 0.90 0.54 0.31
平均+3σ 18.84 18.50 13.40 4.56

ページTOPへ

(参考)サンプル品における限定的面租度比較データ(3rd加工)

品名 ギヤ外周加工  材質 SCM440H  焼入・焼戻し後ガス軟窒化処理済み 

単位Rz 使用ワイヤー 側面(円周方向) 側面(板厚方向)
Seibu MM500 φ0.2 真鍮 3rd 3.8 4.2
4.0 4.4
4.2 4.5
FANUC 1iD φ0.25 真鍮 3rd 6.7 6.6
7.4 6.7
6.4 7.0

ページTOPへ

M3回転 MSF4回転 荒M1
油仕上5
油8 M1回 油1回
Ra 0.6 0.45 0.36 0.2 3.0 3.21
Rz 4.09 3.22 2.81 1.52 16.89 20.54
表面
断面

お奨め後処理

仕上げ加工回数とマイクロピーニングの関係(FANUC 0iC 単位μm 同一製品 S55C 板厚40mm)

1st 2nd 3rd 4th
ワイヤカット加工直後 Ra 2.05 1.73 0.99 0.38
Rz 13.78 11.43 6.96 2.87
Rq 2.58 2.19 1.25 0.48
マイクロピーニング処理後 Ra 1.04 0.88 0.55 0.20
Rz 6.37 4.94 3.97 1.66
Rq 1.32 1.07 0.71 0.28
※1st製品に対してマイクロピーニング処理の結果、3rd製品が得られることがわかります。また、4thまでの仕上げで7th仕上げでの面租度の2倍の仕上げ面が得られ、後のラッピング工程を格段に省くのとが可能です。

ページTOPへ